インデックスカバレッジ の問題を解決する

アイキャッチ画像

どうもこんばんは。肉球 (@nikuq299com) です。

今回は、Googleから届いた「問題発生」の内容を記事にします。

Google Search Consoleより、「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出された、というメールが届きました。

色々調べたいことがあるのに、またトラブル!ということで、このトラブル対応の優先度を設定できるくらいまで、調査を行います。

Google Search Consoleについては、下記記事を参照ください。

Google の 検索エンジン へ自分のサイトを登録する

2018.06.23

はじめに

ポイント1

Googleさん、ご丁寧にありがとうございます!

Googleから下記内容のメールが届きました。

https://nikuq299.com/ の所有者様

Search Console により、貴サイトに影響する「インデックス カバレッジ」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:

送信されたURLのクロールに問題があります

 

「送信されたURLのクロールに問題があります。」とのことなので、原因は、検索エンジンへのインデックス登録時に、何らかのエラーが発生したものと思われます。

まあ、問題発生時に自動で返信しているのだと思いますが、Googleの検索エンジンへ登録したい各サイトへ同様の対応を行っている場合は、すごく丁寧に接してくれるのだなと思いました。

この手のサイトは、基本的に自分で情報を見に来い!というスタンスで運営しているイメージだったので、すごく好印象でした。

 

インデックスカバレッジ の問題を確認する

ポイント2

よくわからないので、とりあえず仮説を立てて調べてみる。

Googleの検索エンジンについて、どういう仕組なのか理解したいのは山々ですが、そこまで時間を取れる状況ではないため、一旦は仮説を立てて、最短で問題を解決する方向で進めます。

問題発生の原因について仮説を立てる

まあ、メールのキーワードで大体の予想はつきましたが、問題は恐らく下記に絡んでいると思われます。

  • インデックスカバレッジは、言葉の通り、検索インデックスへ登録を依頼したURLが全て登録できなかったのではないかと思われる
  • インデックスの登録依頼は、 Google XML Sitemaps で作成したサイトマップを下記のタイミングで実施している
    • Jetpackでサイトマップを更新する
    • 新記事の公開時に、 Google XML Sitemaps が自動で Google へ sitemap.xml を送信する
    • Search Console の Fetch as Google を使い、手動で sitemap.xml をGoogle へ送信する

 

現状を把握する

とりあえず、 Google が提供してくれたデータを見てみます。

下記がSearch Consoleのメッセージ欄を開いたときのスクリーンショットです。

セキュリティ上、関係ないメッセージは、モザイクをかけています。

インデックスカバレッジ 問題②

メッセージを開くと、メールと同じ内容の文章、そして、問題解決の足がかりになりそうな?ボタンがありましたので、ボタンを押下します。インデックスカバレッジ 問題③

 

ボタンを押すと、下記画面を表示し、記述を確認したところ、このエラーは、6/20 から21件発生していたようです。

この画面を更に下へスクロールすると、対象のURLを記載していました。

URLの詳細を公開するのは、セキュリティ上問題があるため、モザイクをかけています。

インデックスカバレッジ問題 ④ インデックスカバレッジ 問題⑤

 

このURL一覧を見る限り、インデックスで来ていないのは、過去に作成したゴミURLのようです。

カテゴリの見直しで削除したディレクトリとか、アップロードしたけど、使わなかった画像ファイルとかですね。

 

インデックスカバレッジ 問題の対策を実施する

ポイント3

今回の問題はゴミとなったサーバ上の資源を削除すれば解決できそう!

発生した問題の対応として、下記2点を実施します。

  1. アップロード済みの不要な画像ファイルを削除する
  2. サイトマップから不要なURLを削除する

 

画像ファイルの削除は、WordPressのメディアライブラリから実施します。インデックスカバレッジ 問題⑥

 

サイトマップの修正についてですが、Googleに提供してもらったURLを直リンクで確認したところ、やはり、エラーとなったURLは、使っていない画像ファイルや、ボツとしたカテゴリ名のディレクトリでした。

不要な画像ファイルは全て削除しており、かつ、不要なカテゴリも一覧から既に削除済みなので、この記事を公開したタイミングで、新しくサイトマップを作成し、Google XML Sitemaps が Google へサイトマップファイルを送信すれば、問題は解決すると思われます。

ただ、クロールの反映は数日かかるということなので、しばらく様子見となります。

ちなみに、Search Console で提示されたURLのディレクトリは、サーバにログインしても見つかりませんでした。

恐らく、パスの管理はMySQLを使っていて、実際のディレクトリと、WordPress上で管理する仮想ディレクトリのようなものを紐づけていると思われます。

この辺のWordPress実装をある程度抑えておかないと、飯のタネにすることは難しそうですね。

今回のトラブル対応を経て、もっと勉強しなくてはならないことを痛感しました。

 

まとめ

まとめ

使っていないファイルはサーバから削除しよう!

今回のエラーは、Google から連絡が来るまでに4日かかったので、エラーがある場合は、6/29 までに連絡が来ると思われます。

どうか、エラー無しで終わりますように。。。

 

それでは、ごきげんよう。

コメントを残す