日記 アプリをiPhoneで運用してみる

日記 アプリをiPhoneで運用してみる

どうもこんばんは。肉球 (@nikuq299com)です。

先月から日記をつけ始めています。

理由は、2日前に食べたものすら忘れてしまうほど、物忘れが激しくなってしまったためです(´・ω・`)

このブログもそうなのですが、日々何を考えていたのかを記録に残し、後日振返りをできるようにするため、日記の運用をはじめました。

はじめに

ポイント1

現状の生活だと実績の記録が難しいので、何らかの方法を検討する必要がある!

基本的に、これまではGoogleカレンダーを使って過去に何をしたのかを確認していました。

しかし、Googleカレンダーを使った運用は下記2点の問題があります。

  • 予定の概要しか書いていないので、見返してわからなくなる時がある
  • 旧に差し込まれた予定をGoogle カレンダーへ登録しない場合があり、振返りできない

もともと、Googleカレンダーは予定を記録するものなので、今回、改めて実績を記録する日記の運用を始めようと考えました。

 

日記 を運用するにあたっての条件

ポイント2

最小限の労力で、最大限の記録を行いたい!

楽をして最大限の効果を得たい、これに付きます。

究極を言うと、動画をタグ付けして、それを管理できれば文章を考えたりする時間すら使わずに、実績の記録を行えます。

ただ、動画の保存容量などを考えると、現時点での実現は難しいので、動画に準ずる機能、写真や音声などを使って、少ない労力で記録したいと考えました。

ちなみに、この日記はプライベートな内容をしたためたいため、Facebookはナシでした。

 

日記 をつけ忘れない手段を検討する

ポイント3

継続できる手段を考えてみる!

よく、手帳に日記をつける人を見ますが、常に手元において置かなければならない荷物が増えることや、そもそも、手帳が見つからなくなる事態が発生し、私にはできませんでした (過去に挫折経験あり)。

こんな私でも、継続できる環境を作るには、iPhone ダイエットのときと同様に、現代の機器に頼ることが、ベターと考えました。

iPhone と スマートウォッチ で1年に約20Kgの ダイエット した件について

2018.06.17

私のようなズボラな人間には、ヒューマンエラーを自力でなくすことは不可能なのです。

ということで、iPhone アプリで良い日記帳がないか調べて、下記4点が候補に上がりました。

 

Day One ジャーナル + ライフログ

Bloom Builtという会社が販売する日記アプリで、Day One のページはコチラです。

Dao Oneは、無料でも利用できますが、課金することでより付加価値の高い機能を使える、フリーミアムモデルとなっています。

課金を行えば、記録できる日記の数、写真の枚数が無制限になり、Mac版の Day One も無料で利用可能になるようです。

 

 

Evernote

肉球ログで何度も登場している、おなじみのクラウドメモアプリです。

Evernoteは、私もWebやメールのスクラップ収集、メモや写真の保存などで利用しているのですが、日記としては使っていませんでした。

SafariやChromeの拡張機能も提供されており、GmailやWebページのスクラップがボタン一つで行えて、とても便利です。

EvernoteもDay Oneと同様に、無料でも利用できますが、課金することでより付加価値の高い機能を使える、フリーミアムモデルとなっています。

 

10年日記

LiuMing (個人?) という方が開発しているアプリです。

「5〜6年前に自分が何をしていたか?それがひと目で分かる10年日記」というキャッチコピーの通り、日記を書く時に、過去の同日に自分が何をしていたかわかるように、通常はページを年月日でわけますが、10年日記は、ページを月日で分けているようです。

確かに、日記を書いている途中に、1年前、2年前・・・といった昔の自分が何を考えていたか、自然な形で追うことができるのは、面白そうですね。

10年日記もDay Oneと同様に、無料でも利用できますが、課金することでより付加価値の高い機能を使える、フリーミアムモデルとなっています。

 

瞬間日記

Utagoe Inc という会社が公開するアプリです。

昔、私もiPadで利用していました。

瞬間日記は、今回紹介する中で一番シンプルなアプリですが、記録時の年月日、時間を自動で記録してくれるため、必要最低限の機能は抑えていると思います。

瞬間日記もDay Oneと同様に、無料でも利用できますが、課金することでより付加価値の高い機能を使える、フリーミアムモデルとなっています。

各アプリの比較

各アプリの比較結果は下記の通りでした。

アプリ名他システム連携クラウドストレージの対応状況位置情報天気写真添付SNS連携課金備考
Day One ジャーナル + ライフログiPad、Apple Watch、Macに同期可能。iCloud、Dropboxプレミアムプランを利用する場合は要課金自動で付加できる情報が多い
EvernoteiPad、Apple Watch、Mac、Windowsに同期可能。独自のストレージプレミアム、ビジネスプランは要課金マルチプラットフォームで、肉球も利用実績あり。
10年日記iPad、AndroidGoogle Drive、Dropbox広告削除、録音機能は要課金自動で付加できる情報が多い、Androidに最適化している?
瞬間日記iPad、Apple Watchなしクラウドサービス、その多機能を利用する場合は、要課金シンプル・イズ・ベスト!

ただの日記でも、ページの単位を工夫するだけで、記録と合わせて過去を振り返れるという、今までにない体験をできるモノに変わってしまいました。

こういうアイデアを考える人ってすごいですよね、何気ないところにちょっと工夫をするだけで、大きな付加価値をつけることができるのですから。

 

まとめ

まとめ

自動で色々な情報を付加してくれるDay One が気に入っています!

各アプリを比較した結果、私はDay One を選びました。

理由は、日記を書いた場所、天気などを自動で付加してくれることと、私が持っているほぼ全ての機器からアプリを利用できるためです。

アプリから情報を付加する機能があると、いつ、どこで、どのようなことをしていたのか、記録するのが楽しくなりそう = 長続きしそうだと思ったためです。

また、複数の機器に対応している事もかなり重要なポイントで、私は1日の中で iPhone、iPad、Mac のいずれかは、必ず携帯しているため、常に使っているものから更新できるということ (準備しなくても日記を書く段取りができていること) は大きなメリットです。

ただ、日記に求める内容は人それぞれなの、各アプリのメリット、デメリットを理解した上で、好きなアプリを使うことが一番良いと思います。

Day One の使い勝手は、別途レビュー記事を投稿します。

 

2018/7/1 Day Oneのレビュー記事を投稿しました。

iPhoneの日記アプリ Day One の使い心地レビュー

2018.07.01

 

それでは。ごきげんよう。

 

 

コメントを残す