Apple Watch を改めて紹介してみる

Apple Watch を全力でアピールします。

どうもこんばんは。肉球です。

先日の iPhone ダイエット と一緒に紹介したApple Watchについて、更に詳しく紹介したいと思い、記事を書きます。

iPhone と スマートウォッチ で1年に約20Kgの ダイエット した件について

2018.06.17

はじめに

Apple Watchは、Appleから2015年4月に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータ (スマートウォッチ) です。

初代は、若干人柱感が強かったですが、第3世代となる、Series3 は、バッテリーの持ちや設計思想を含めて、なかなかの完成度だと思います。

Apple Watch はここが便利です

ポイント1

iPhone との連携が秀逸!これだけでApple Watvhを選ぶ価値があります!!

知ってほしい事は、以下のプロモーションビデオで語られています。

この映像を見る限り、アップルはヘルスケアを全面に押し出してきていますね。

それにしても、プロが作成する映像は、編集技術のレベルが違いますよね、私もこんな映像を作ってみたいです。

続いて、プロモーションビデオで紹介されていない、地味に役立つ機能を紹介します。

iPhone をチェックする必要がなくなる

これ、何気に便利なんです。

電話、SMSをはじめ、 iPhone の通知画面に出すことができる通知は、全てApple Watch上で確認できます。

私はiPhoneをマナーモードにしておくことが多く、着信に気づかないことが多かったのですが、Apple Watchを装着していると、着信時に時計が発信者の名前を表示しながら振動するので、気づかずに受信できなくなることが減りました。

 

健康管理が捗る

別の記事でも記載しましたが、歩数や階段を登った階数、移動距離、睡眠時間など、普段の何気ない生活を数字に置き換えるだけで、健康に関する意識が高まるんです。

ダイエットを始め、日常の運動管理をする事において、これほど優秀なツールはないと思います。

ワークアウトメニューも、ウォーキング (室内、室外)、サイクリング (室内、室外)、スイミング、etc…など、多くのメニューを用意しており、色々なスポーツに挑戦してみたくなりますよ。

私もワークアウトは、サイクリング用ですじゃ使っていなかったのですが、せっかくなのでジョギングもはじめまてみました。

iPhone と スマートウォッチ で1年に約20Kgの ダイエット した件について

2018.06.17

私は、健康管理に以下のアプリを利用しています。

 ワークアウト

日々のアクティビティ (ムーブ、エクササイズ、スタンド) を管理してくれるアプリです。

ワークアウトなどを設定しなくても、1日単位でその日の活動量を記録してくれ、iPhone からその履歴を参照することができます。

AutoSleep

Apple Watchの心拍計測機能を使って、「睡眠時間」や、「深い睡眠」「良質な睡眠」「心拍数」も記録してくれます。

こちらも、iPhone から過去の履歴を参照することができます。

HeartWatch

Apple Watchに標準で搭載している心拍計測機能のデータを見やすくするアプリです。

標準の心拍数データ表記は、心拍数を時系列で羅列しているだけなので、データを有効活用できないのですが、このアプリを使うと、「現在心拍数」「安静時心拍数」「歩行時平均心拍数」を確認することができる他、通常より心拍数が上がると、Apple Watchからアラートが出る機能があります。

また、iPhone からは、その日の「平均心拍数」「最小心拍数」「最大心拍数」などをグラフィカルに確認できます。

手ぶらで買い物できる

Apple Watchに搭載している Apple Pay がとても便利です。

ガラケーやAndroidスマホでおサイフケータイを使っている時は、スマホで決済できて便利!と思っていましたが、今やスマホすらいらない時代になりました。

Apple Watchは、 おサイフケータイと同じフェリカ機能 (iD、Suica、Quick Pay) や、Apple Pay (各種クレジットカード決済) を使えるため、日常生活でも、財布、スマホなしで、なんとかなってしまいます。

Youtube で見つけた、 Apple Pay (iD) の利用方法の画像を貼り付けます。

映像におけるApple Watchの利用方法は、タッチ前にボタンをダンブルクリックしていますが、Apple Pay にはエクスプレス機能というものがあり、支払い方法のうち、1つは認証なしで決済可能です。

これはSuica用に作られた機能だと思われ、私もエクスプレス機能はSuicaを設定しています。

不思議に思うことが、こんなに便利なApple Watchなのですが、私のまわりでApple Watchで決済している人を見たことがないのです。

街なかで買い物や電車に乗る際も、私以外、Apple Watchで決済している人を見たことがありません。

お出かけ時の荷物断捨離に最適なツールなので、ぜひこの便利さを色々な人に知っていただきたいと思っています。

勝手に情報が流れてくる

雨が降りそうな時に通知してくれたり、時間になったらToDoリストに登録したタスクを通知してくれるなど、自分で情報を取りに行かなくても、通知が来るので、事前の対策やタスクの取りこぼしが減るんです。

Apple Watchの待受などに設定することもできるのですが、通常生活のエラーは人間のミスから発生することが多いため、機会に任せられることは、全て機会に任せるべきだと考えています。

私が利用しているおすすめアプリを紹介します。

Yahoo!防災速報

気象庁から発表されている予報をリアルタイムで通知してくれるアプリです。

強い雨や地震、熱中症の恐れがある場合は、いち早く情報を知らせてくれます。

Todoist

クラウド上でデータを管理する、マルチプラットフォームのTodo管理ソフトです。

MacやIPad、IPhoneで登録したTodoをApple Watch上で確認でき、通知してくれます。

Macの前にいる時は、アラートのウィンドウが上がるので、見逃すことがないのですが、席を外していたり、移動中の場合は、Macの画面がなくても、Apple Watchで通知してくれるので、とても便利です。

 

他にも色々あるんです

他にも、iPhone についているカメラのリモートシャッター機能や、iPhoneに搭載するミュージックのリモコン機能や、”Hey Siri、タイマー3分!” でカップラーメンの待ち時間を測ったりと、便利な機能がたくさんあるんです。

 

まとめ

まとめ

スマートウォッチは会だと思います!使って初めて分かるこの便利さを体験してほしいです!

iPhone の利用者は、Apple Watchを導入すれば、大活躍してくれると思います。

もし、iPhone を持っていない方でも、Garminのvivoactive シリーズは、とても優秀ですので、ぜひ試してみてほしいです。

 

個人的に、私がほしい機能は、Apple WatchにGPS信号を捕捉させて、Googleマップに登録している「行きたい場所」付近に来たら通知してくれるアプリとか出たら、すごく便利そうだと思うんですよね。

誰も作ってくれなかったら、自分で勉強して作ってみても面白いかも。

それでは、ごきげんよう。

コメントを残す